ヘイト関連行為およびその他の嫌がらせ行為

Twitchは、興味を共有するコミュニティの創造、参加、参画を求める人達のために存在するスペースです。Twitchは、すべてのユーザーがTwitch上で自己表現できるように望んでいます。しかし重要なのはそれをすべてのユーザーが享受できる方法で実現することです。これはつまりヘイト関連行為や嫌がらせ行為を阻止し、これらからユーザーを保護するという意味です。

Twitchは、一部のユーザーが様々な視点や一般的ではない視点から表現をしたり、ユーモアや風刺を交えて表現したりすることを理解しています。しかし、その意図は必ず明確にするようにしてください。どのような形であれ、ヘイト関連行為や嫌がらせ行為を奨励もしくは見逃すことは容認できません。知らずにヘイト関連行為や嫌がらせ行為を招いたとしても、そのことが許容される言い訳にはなりません。

Twitchは、ヘイト関連行為や嫌がらせ行為として認識されうる行動が多数存在することを理解しています。報告された言動やコンテンツを審査する際には、意図や状況が考慮されます。これらのポリシーや、係る行為をTwitchがどのように処理しているのかをより明確にし、コミュニティガイドラインを補完するために、下記のセクションから詳細を参照することができます。

ヘイト関連行為

ヘイト関連行為とは、下記の性質に基づいた差別、誹謗、擬物化、嫌がらせ、暴力を助長、奨励または促進するコンテンツおよび言動のことをいい、厳格に禁じられています。 

  • 人種、民族、出身国
  • 宗教
  • 性別、ジェンダー、性自認
  • 性的指向
  • 年齢
  • 身体障害や健康状態
  • 身体的な特徴
  • 従軍経験

Twitchでは報告された嫌がらせ行為の意図や内容を判断するため、たくさんの要因を考慮します。ヘイト関連行為は、明白な違反行為とみなし、そうした行為に加担したアカウントはすべて、無期限の停止対象となります。

嫌がらせ行為

他者に対する威嚇、品位を貶める行為、虐待、いじめ、敵対的な状況を生み出す行為は嫌がらせ行為として禁止されています。嫌がらせ行為は禁止されています。Twitchでは、報告された嫌がらせ行為の意図や状況、与える影響などの要因を考慮します。どのような行動やコンテンツが嫌がらせ行為に該当するのかをわかりやすくするために、それらの例を下記に列挙します。

  • 不利益を与える目的で名前を連呼したり、誰かを困らせようとする試みのようないじめ行為
  • 雇用主、組織、その他の所属に起因する虐待
  • 傷害や殺人の教唆
  • ヘイト関連行為や嫌がらせ行為に特化したユーザーアカウントの作成
  • チャンネル停止、アカウントのブロック、接触中止要請を回避するストーキングや個人の境界線の侵害
  • 本人の意思に反して、または不利益を与える目的で行われる個人情報の開示
  • 本人の意思に反して、または不利益を与える目的で行われる録画
  • 品位を貶めるため、いじめ、不利益を与える目的で行われる加工やコンテンツの趣旨から外れたコンテンツの共有
  • 脅威を意図して行われるチャンネルの参照や襲撃
  • 望ましくない性的なアプローチ、性的嫌がらせ、性的いじめ
  • 意図的な虚偽の報告、報告の根拠に対する加工、または組織的に行われる報告
  • 他者への嫌がらせ行為を扇動または奨励すること

Twitchのポリシーに違反する嫌がらせ行為は、アカウント停止の対象となります。行為の重大性によっては、当該行為をおこなった人物は最初の違反で無期限のアカウント停止の対象となる可能性があります。

ヘイト関連行為および嫌がらせ行為に対するコミュニティの責任

クリエイターは、彼らが作成して育て上げたコミュニティのロールモデルかつリーダーです。クリエイターは、視聴者に対する自身の発言や行動がどのような結果を招くのか考慮する必要があります。コミュニティにおいて他者への嫌がらせ行為を鎮めるために信念をもって努力していただけるようお願いします。

サービスの内外を問わず、Twitchがヘイト関連行為や嫌がらせ行為の扇動、奨励、促進、助長、組織化に使用されるべきではありません。そういったコミュニティ、組織、個人はアカウント停止の対象になります。

個人間またはTwitchのサービス外におけるヘイト関連行為およびその他の嫌がらせ行為

Twitchのコミュニティは、TwitchConやTwitchコミュニティミートアップ、さらにはソーシャルメディアにおいても活躍しています。Twitchのコミュニティは、コミュニティを健全に保持するために私たちが果たすべき役割について、これらの空間も考慮すべき対象としています。Twitchサービス外で発生したTwitchユーザーへのヘイト関連行為や嫌がらせ行為に対しても、何らかの対処を行う可能性があります。

その他の制限事項

なぜこのような行為が良くないのかを啓蒙するために、ヘイト関連行為や嫌がらせ行為がニュースやドキュメンタリー、教育的なコンテンツにおいて提示される場合は、その意図を明確にし、成年用のコンテンツとして誰の目にも分かるようにしてください。

Twitch上でのヘイト関連行為や嫌がらせ行為の報告または管理する方法

Twitchのすべてユーザーが安心してヘイト関連行為や嫌がらせ行為に声をあげることができるように望んでいます。コメント、ジェスチャー、行動が不愉快なものだと感じた時は、次の選択肢を考慮してください。

重大な違法行為の幇助

ヘイト関連行為や嫌がらせ行為が、法的手段の介入を要するまたは犯罪レベルであると感じた場合は、最寄りの弁護士または法執行機関に支援を要請してください。特定の物理的な脅威は最寄りの法執行機関に報告してください。

よくある質問

ヘイト関連行為や嫌がらせ行為を報告するためには、私自身が被害を受けている必要がありますか?

いいえ。これらの行為の標的となる人物が発生時にその事実を認識していなかったり報告することができない場合があります。ヘイト関連のコメントは、対象が一人ではなく不特定多数のグループである可能性もあります。関与の度合いに関わらず、コミュニティガイドラインに違反したヘイト関連行為や嫌がらせ行為の発生が認められた場合は報告することができます。

嫌がらせ行為と認識されるのでそれを行ったユーザーを報告する場合に、望まれない行動であることの意思表示を行うべきですか?

いいえ。しかしながら、嫌がらせ行為だと思慮されるコンテンツや言動が意図しないものであることもあります。その場合は、指摘を受けて行動を正すユーザーもいるかもしれません。即座の報告に値するような重大な嫌がらせ行為は、不快な行為であるとの意思表示は不要であると考えられます。確信をもって適切な行動であると感じた場合は、その行動が不快であると意思表示してください。  該当する不快な行動が継続する場合は、ユーザーを報告するかユーザーのアカウントをブロックしたりチャットから追放するといった選択肢の行使を考慮してください。