ブランディングとアナリティクス

パーソナルブランディング

配信の基本を学んだら、次はTwitchで自身のブランドを確立して、ファンを獲得しましょう。大変そうかもしれませんが、これは一番楽しいステップでもあります!

協力:

PVPXさん

自分自身や、そのコンテンツ、その配信における「自分らしさ」とは何かを考えてみてください。オレンジ色に譲れないこだわりがある?穴釣り小屋から配信する?変なキャッチフレーズが自慢?どんなものであれ、「自分らしさ」がなんなのか分かれば、それがパーソナルブランド確立のスタート地点となります。TwitchパートナーであるPVPxさんが始めたばかりのストリーマーに向けてアドバイスしてくれました。

自分のブランドは、自身のコンテンツや好きなものに関連させる。

チャンネルではスポーツやフィットネスを扱っていますか?それとも動物がお好きですか?特定のキャラクターや人物をテーマにしてチャンネルを作ろうと思っていますか?こういった質問に答えられないなら、チャンネルのブランドとして目指すべき方向性をオーディエンスに聞いてみるといいかもしれません。

最初は小さく始めて、徐々に拡大していく。

ブランドの構築は長期的な投資であり、競争ではありません。最初は小規模に始めれば、必要に応じてブランドを徐々に変化させていくことができるので、時間とお金を節約できます。最初から戦略的に考え、ブランドに関する大きな決断は急がないようにしましょう。こうすれば、将来的にブランディングをやり直すような事態を避けられます。 

あらゆるブランディングカテゴリーを活用する。

Twitchだけでも、チャンネル上でブランドを表現する方法がたくさんあります。あらゆる手段を活用してブランドを構築しましょう。強いブランドとは、様々な場面であなたのことだと他の人たちにわかってもらえ、あなたを思い出してもらえるようなものです。

チャンネルページを作成するときは、あらゆる部分でこれを意識しましょう。チャンネル名からこれを意識する必要があります。配信画面上に表示されるアラートやカスタムスタンプなどのビジュアルアセットを作成するときは、必ず自分の全体的なブランドに相応しいかどうか考えましょう。

Twitchにはカスタマイズすることで自分のブランドを主張できる部分がたくさんあります(ただしサービス利用規約コミュニティガイドラインを遵守する必要があることをお忘れなく)。以下のような部分をカスタマイズしてブランドをアピールできます。

セクション

説明

詳細

プロフィール写真

プロフィール写真は、ご自分のチャンネルページや、検索やカテゴリー、ホームページなど、Twitch全体で自身の顔となる画像です。

プロフィール写真として10 MB以下のGIF、JPG、PNG形式のファイルをアップロードできます。

チャンネルバナー

チャンネルバナーはチャンネルページの上部の一番目立つ場所に表示され、ホスト中やチャンネルトレーラー、最近の配信ビデオが表示される際の背景になります。

チャンネルバナーの推奨サイズは1200x480ピクセルです。このサイズなら、あらゆるデバイスやウェブサイト向けにフォーマット可能です。10 MB以下のGIF、JPG、PNG形式のファイルをアップロード可能です。

プロフィールの自己紹介

プロフィールの自己紹介は、クリエイター紹介ページの一番上に表示され、チャンネルについて新しい視聴者に簡単に紹介できます。

プロフィールの自己紹介は300文字以内にする必要があり、Markdownには対応していません。

プロフィールのアクセントカラー

ユーザーがカテゴリーページであなたのチャンネルにカーソルを合わせたときはアクセントカラーが表示されます。独自の色を使うことで、自身のブランドをアピールして目立つことができます。

16進数のカラーコードを使うか、設定ページ内のスライダーを使って自由に色を選択できます。

ビデオプレイヤーのバナー

これは「オフライン画像」とも呼ばれます。

このバナーはGIF、JPG、PNG形式で1080x720ピクセルまたは同等のビデオフォーマットサイズでアップロード可能で、10 MB以内にする必要があります。 

チャンネルトレーラー

パートナーとアフィリエイトの皆さまが利用できる機能です。オフラインの間にチャンネルに来てくれた、まだあなたをフォローしていないユーザーに自己紹介のビデオを見てもらえます。

チャンネルトレーラーには ビデオプロデューサーのダッシュボードのビデオを選択できます。ただし、60秒以内の長さにする必要があります。ダイジェストを選択するか、カスタムビデオをアップロード可能です。

ソーシャルメディアのリンク

「クリエイターについて」内でプロフィールの自己紹介の横に表示されます。最大5つの他のソーシャルメディアのリンクを選択可能です。

一部のリンクには外部サイトのアイコンを含めることが可能です。掲載するリンクはコミュニティガイドラインとサービス利用規約に準拠する必要がありますのでご注意ください。

配信スケジュール

配信スケジュールを使えば、定期的配信の開始時刻を知らせたり、その週の特別な配信コンテンツについて知らせることができます。

配信スケジュールに配信を登録する際は、それぞれに配信開始時刻、配信時間、日付、カテゴリーを選択する必要があります。また、配信内容を詳しく知らせたい場合は、配信タイトルを追加することも可能です。

スタンプ

パートナーとアフィリエイトの皆さまは、Twitchのあらゆる場面、およびiOSのTwitchステッカーとしてコミュニティに使ってもらえるスタンプをアンロックできます。スタンプに加えてスタンプのプレフィックスも選択可能です。これは3~6文字のコードで、スタンプ名の前に追加されます。「デフォルトのスタンプ」リンクをクリックして、独自のスタンプを用意するまでの間、今すぐ利用できるスタンプをチェックしましょう。

1つのバージョンのスタンプをアップロードして、それをTwitchに自動リサイズさせることが可能です。自動リサイズを利用しない場合は、各スタンプごとに同一の画像を28x28、56x56、112x112の3つのサイズでアップロードする必要があります。背景が透明なPNGファイルにする必要があり、ファイルサイズはアップロードごとに最大25kbまでです。

ロイヤルティバッジ

パートナーとアフィリエイトの皆さまは、チャンネルのチャット内で長期間のサブスクライバーのユーザー名の横に表示されるロイヤルティバッジをアンロック可能です。

各スタンプ用に同一の画像を18x18、36x36、72x72の3つのサイズでアップロードする必要があります。背景が透明なPNGファイルにする必要があり、ファイルサイズはアップロードごとに最大25kbまでです。

Cheeringスタンプ

パートナーの方はユーザーがチャットでビッツを使う際に使ってもらえるアニメーション付きのカスタムCheeringスタンプをアップロードできます。これは1、100、1000、5000、10,000のレベルに分かれています。

Cheeringスタンプは背景を透過した112x112ピクセルのGIF画像にしてください。高度なオプションを利用することで、ライトモードとダークモード用のファイルをアップロードすることも可能です。最大ファイルサイズは500kbです。

Cheeringバッジ

パートナーとアフィリエイトの皆さまは、チャット内でCheerを贈ってくれるユーザーのために、様々な「ビッツバッジ」を用意できます。これは1,000ビッツから500万ビッツまでを使ったCheeringに対応しています。 

ロイヤルティバッジと同様、各Cheeringバッジ用に同一の画像を18x18、36x36、72x72の3つのサイズでアップロードする必要があります。背景が透明なPNGファイルにする必要があり、ファイルサイズはアップロードごとに最大25kbまでです。

Cheeringスタンプ報酬

パートナーとアフィリエイトの皆さまは、チャット内でCheerを贈ってくれるユーザーのために、用意したCheerレベルに到達することで恒久的にアンロックできるスタンプを用意できます。 

スタンプと同様に、同一画像を28x28、56x56、112x112の3つのサイズでアップロードする必要があります。 背景が透明なPNGファイルにする必要があり、ファイルサイズはアップロードごとに最大25kbまでです。

チャンネルポイント

パートナーとアフィリエイトの皆さまはチャンネルポイント機能を利用できます。これの機能では、視聴者はポイントを集めて楽しい報酬に交換することでコミュニティでの体験を更に楽しめます。

スタンプと同様に、同一画像を28x28、56x56、112x112の3つのサイズでアップロードする必要があります。 背景が透明なPNGファイルにする必要があり、ファイルサイズはアップロードごとに最大25kbまでです。

チャンネルパネル

ビデオプレーヤーの下およびチャンネルページの「クリエイターについて」のセクションの下に表示されるパネルには、好きな数だけ拡張機能や情報を追加できます。使用しているハードウェアをAmazon Blacksmithリストで掲載したり、自己紹介したり、自分が制作するコンテンツを宣伝したり、提携先やスポンサーのリンクを掲載したりと、パネルは新たな視聴者に情報を提供してあなたのことを知ってもらうのにうってつけです。

パネル内の画像は幅320pxに自動的に調整されます。パネルの本文はMarkdownに対応していますが、HTMLには対応していません、パネル内の画像はサードパーティのウェブサイトにリンクさせることができます。

 

チャンネルページのパーソナルブランディングが完了したら、それを他のオンラインメディアでもアピールしましょう。印象的なパーソナルブランディングを一貫して活用すれば目立つことができ、様々なウェブサイトやソーシャルメディア上ですぐに見つけてもらえるようになります。

ヒント: チャンネル名は必ず自分のTwitterやInstagramのハンドル名と同じものにしましょう。そうすれば、Twitch外から簡単に視聴者にチャンネルを見つけてもらえます。また、ソーシャルメディアのプロフィールの自己紹介にチャンネルへのリンクを直接追加するのもおすすめです。

その他のサポート資料&リソース