ブランディングとアナリティクス

視聴者を惹きつける

配信のセットアップは初めの一歩にすぎません。次はチャンネルを成長させ続けて視聴者のエンゲージメントを高めるためのベストプラクティスについて学びましょう。新規視聴者のエンゲージメントを高めるためのヒントを集めた、新規視聴者の繋ぎ止めレッスンをチェックするのもお忘れなく。

配信を始めたら、次は視聴者にまた配信に参加してもらってコミュニティを成長させる方法を考えましょう。コミュニティは配信の魅力を高めてくれる存在です。コミュニティを楽しませつづけ、コンテンツの新鮮味を保ち、コミュニティはあなたの配信に欠かせない存在なのだと感じてもらうためのヒントをご紹介いたします。

みんなを歓迎する

視聴者は自分と同じことに興味をもっている人たちとつながるためにTwitchにやってきます。つまりあなたやそのオーディエンスとの交流を求めているのです。だからこそ、クリエイターとして視聴者に配信に参加する機会を提供するようにしましょう。あなたの配信には視聴者が不可欠なのだと感じてもらえるように、視聴者が応援してくれれば声をかけてお礼を言い、名前を呼んで、自分はコミュニティの一員なのだとその人に感じてもらいましょう。

配信を差別化して目立つ

視聴者の注意を引ける、自分の配信ならではの要素は何かを考えましょう。ご自分にはどんな独自性がありますか?オーディエンスをどうやって楽しませていますか?自分の特徴を知り、視聴者に独特の体験を提供できれば、多くの配信の中で自分の配信を際立たせることができ、視聴者にまた配信に参加してもらえます。

空間を演出する

グリーンスクリーンやカメラアングル、デコレーション、さらには小物も使って、魅力的で視聴者の目を引くような空間を作り出しましょう。配信を見ていないときでも思い出してしまうような世界を作り出せれば、また見にきたいと感じてもらえるはずです。配信場所はあなたの舞台なのです!

覚えておきたいこと

オフラインのエンゲージメント

配信していないときでもコミュニティとつながっていられます。ご自分のソーシャルメディア、コミュニケーションサーバー、ウェブサイトを用意しましょう。そうすればTwitch上ではオフラインのときでもコミュニティとつながっていられます。

常に上を目指そう!

常に成長を目指し、変化に対応し続けましょう。オーディエンスにいつまでも興味をもってもらえるよう、常に新たな何かを考えましょう。新しいことへの挑戦を恐れてはいけません!そうすれば、これまでとは全く違うオーディエンスを獲得できるかもしれません。

静かな視聴者を受け入れよう

コミュニティの大半があまり発言しない、静かな視聴者となる場合もあります。チャットしてくれない人がいてもがっかりする必要はありません。逆に、チャットしてくれる人たちと積極的に交流していき、居心地をよくするように心がけましょう。