Twitch初級編

スタンプ

言葉では表現できない気持ちをスタンプは表現してくれます。視聴者やストリーマーはTwitch独自のスタンプを使ってチャット内で様々な感情を表現しています。スタンプはTwitch文化のです。それは独自の言語です。パートナーやアフィリエイトがブランディングや個性の確立に利用したり、視聴者が特別な瞬間をお祝いしたり、ストリーマーの失敗をからかったり、チャットで世界に愛を広めたり、アクティブなコミュニティメンバーになったり、スタンプの活用方法は様々です。

スタンプのリスト

グローバルスタンプはTwitchの全ユーザーがアクセス可能なスタンプで、カスタムスタンプは特定のチャンネル固有のもので、そのチャンネルに登録することでアンロックされます。スタンプは「:bleedpurple:」などのコードで表記し、カスタムスタンプはそのチャンネルのプレフィックスで始まります(KayPeaなら「:kaypGood:」や「:kaypRainbow:」)。チャットボックスの下にあるスマイリーフェースをクリックすると、利用可能なすべてのスタンプを確認できます。また、チャット内でセミコロンを入力すると、スタンプのリストがオートフィルされます。

以下は頻繁に利用されているスタンプのリストです。Twitchのチャットでこれらを入力して、あなたも会話に参加しましょう。

スタンプコード

スタンプ

意味

:Kappa:

皮肉。皮肉たっぷりのユーモア。KappaはTwitchを代表するスタンプです。

:HeyGuys:

カジュアルな挨拶。チャットに参加したときや、配信で誰かを歓迎するときに使用します。

:LUL:

笑い。「(笑)」、「www」のスタンプバージョンです。

:CoolStoryBob:

Twitch版の「Cool story, bro.」(いい話だね)です。誰かがどうでもいいことや、意味の分からないことを言ったときに皮肉を込めて使われます。

:4Head:

:笑いを意味しますが、少し嘲笑的です。誰かが詰まらないダジャレを言ったときなどに皮肉を込めた笑いとして使用します。

:FrankerZ:

ワンちゃん!犬の話題になったときや、配信に犬が映ったときに使用されます。犬の話題全般に使われます。

:Jebaited:

誰かが「騙された」ときに使います。プレイヤーがゲーム内で驚かされたり、罠にはまったときによく使われます。

:PJSalt:

誰かがゲームやチーム内で「Salty」(悔しがっている)ときに使われます。eスポーツやプロゲーマーのチャンネルでよく使われます。

:NotLikeThis:

不運やミスによって発生した好ましくない結果を嘆くときに使われます。

:WutFace:

ショックや不快感を表現したり、配信で騒音が発生したときに使用されます。

:VoHiYo:

アニメやJRPG、オタク文化を祝福するときに使われます。何かが修復されたときにも使われます。

:SeemsGood:

何も問題がないことに軽く同意する際に使います。Twitch版の「サムズアップ」です。

:ResidentSleeper:

小康状態が発生したときや、退屈なカットシーンやイベント、または誰かが文字通り眠ったときに使用します。

:bleedPurple:

私たちはTwitchのプライドを示すときによく「BleedPurple」(この体には紫色の血が流れている)と言いますが、このスタンプはそれを視覚的に表現したものです。

:TwitchUnity:

Twitchのコミュニティの多様性やインクルージョンを祝福するためのものです。

:GivePLZ:

ゲームや賞品など、何かを欲しがるときに使われます。逆の意味の「:TakePlz:」とペアで使われることもあります。

:CoolCat:

特に意味はありません。クールなネコです。ネコが配信に登場したら使いましょう。クールなネコなら、なおさらです。

:CurseLit:

Twitch版の「炎」の絵文字です。使い方も同じです。このスタンプの紫色のバージョンは「:TwitchLit:」です。

 

カスタムスタンプ

カスタムスタンプはアフィリエイトになると使用可能になります。スタンプはサイズとクオリティの要件を満たし、スタンプガイドラインに従っていれば、直接アップロードと編集ダッシュボードの設定から行うことが可能です。パートナーは成長するに従ってより多くのスタンプをアンロックできます。詳細はこちらで確認できます。
新しいスタンプを作る際は、多くのストリーマーはアーティストに制作を依頼しています。もちろん、友人やストリーマー仲間、さらには視聴者に頼んでも構いません。スタンプやその他のサブスクライバー特典は自由にデザインできますが、デザイン関係の経験が少ないと、真っ白なキャンバスを前にしても何をどうしたらいいか分からないものです。その問題に対処するために、カスタムスタンプが完成するまでの間、あなたが選択して利用可能な仮のスタンプもご用意しています。

スタンプのアーティストバッジと作成者表記

スタンプを制作したアーティストには、あなたのコミュニティのためにスタンプを制作した貢献を認めてあげるべきです。アーティストバッジはスタンプを作成したアーティストに割り当てることができて、あなたのチャットで、そのアーティストがあなたのチャンネルのためにスタンプを作成したことを示せます。このバッジの割り当て方法の詳細はヘルプページをご覧ください。

 次にやるべきこと 

スタンプのリスト内のグローバルスタンプの使い方が分かったところで、今度はカスタムスタンプとスタンプのアーティストバッジについて学び、あなたのスタンプを作ってみましょう!スタンプの管理について詳しく知りたいですか?こちらのスタンプライブラリーのクリエイターキャンプをご覧ください!

また、クリエイターキャンプの他の記事もチェックしてみてください。ライブ配信をする準備はいいですか?こちらで確認してみましょう!