コンテンツを収益化

広告を表示する

 

視聴者の全員がお気に入りのアフィリエイトやパートナーをビッツやサブスクで支援できるわけではありません。クリエイターが流す広告を視聴することで、視聴者はお金を使うことなくクリエイターを応援できます。

クリエイターの方は広告を流すことで視聴者のために一貫した体験を作り出すことができます。配信中に定期的に広告を流すことで、プレロール広告を無効化できるのです。これでチャンネルにきてくれた新しい視聴者はプレロール広告を見ずにすみます。また、プレロール広告よりも配信中の広告の方が、広告中に配信を去る人が少なくなることがわかっています。広告を流してプレロール広告を無効化する方法の詳細については、 プレロール広告の無効化のヘルプ記事をご覧ください。

広告のベストプラクティス

配信中には、様々な方法で上手に広告を流すことできます。配信中に広告を流す際に気を付けることについて、パートーナー達から学びましょう。

研究をもとに、チャンネルで広告を流してクリエイターとして成功をおさめるためのヒントをまとめました。

  • コミュニティに広告を流すことを伝える - クリエイターやモデレーターの手で広告を流すときは、今から広告を流すことを視聴者に伝えることをおすすめします。ツールを使って自動で広告を流している場合は、どのくらいの頻度で広告が流れ、1回の広告はどれくらいの長さなのか、ページ上で簡単に説明しておくのがいいでしょう。

  • 配信の冒頭や広告を最後に再生しない - 配信開始後しばらくはまだオーディエンスが集まり始めているところです。なので配信開始直後に広告を流しても、多くの場合広告の表示数が少なくなってしまいます。また、多くの視聴者はすでにプレロール広告を見ていることから、配信開始直後に広告を流すと視聴者の気分を害してしまいます。また、配信が終わりに近づくと視聴者が大きく減少することから、配信の最後にまとめて広告を再生するとほとんど収益を得られない可能性があります。

  • 1時間に1分の広告から始める - ゲームプレイの間に休憩を取るなどして、最初は1時間ごとに1分間の広告を流すことから始めてみるのがおすすめです。そこから徐々に1時間あたりの広告を流す時間を増やしていくことでコミュニティが広告を受け入れやすくなるように工夫し、最終的には収益を最大化できる1時間あたり3分間を目標にしましょう。

  • 短時間の広告を複数回流す - チャンネルで広告を流すのに慣れてきたら、1回に長い広告を流すのではなく、1時間に数回、1~2分間の広告を流すのがおすすめです。

  • 広告の再生を代理人に頼むか自動化する - ライブ配信に集中しながら定期的に手動で広告を再生するのは大変です。ですのでNightbotやMoobotなど、自動で広告を再生してくれる数々のツールも用意されています。信頼できるモデレーターがいるなら、モデレーターチームに広告の再生をお願いしてみるのもいいでしょう。

  • 次に広告を流すまでに15分以上は間隔を空ける - 広告を流す間隔が短いと視聴者の体験を損ねてしまいます。1分~3分の広告が理想的であることから、再び広告を放送するまでに15分以上の時間を空けることをおすすめします。そうすれば、無理なく1時間あたりの理想的な広告時間を達成できるでしょう。

広告の配置

ミッドロール広告を流すかどうかはチャンネルのオーナー次第ですが、チャンネルの全視聴者が広告を見る訳ではないことを忘れないようにしましょう。広告が表示されるかどうかは、ユーザーのロケーションやその他の各種条件によって異なります。また、サブスクライバーには広告が表示されないように設定することもできます。パートナーおよびアフィリエイトの間ではこの設定が一般的です。なのでTwitch上の多くのユーザーは、サブスク特典には広告なし視聴が含まれているものだと思っています。ご自分のチャンネルではサブスクライバーに広告が表示されるかどうか、コミュニティに明確に伝えておきましょう。

広告を流している間に視聴者が配信内容を見逃してしまうかもしれないと不安ですか?ゲームカテゴリーで配信しているなら、広告を流している間でも、ピクチャー・バイ・ピクチャーで視聴者に配信を見続けてもらえます。ピクチャー・バイ・ピクチャーやその他の広告の新機能の詳細についてはこちらをクリックしてください。

広告を通して収益を得る

オーディエンスの数にかかわらず、パートナーとアフィリエイトのストリーマーは広告を流すことで収益を得られます。視聴者が増えれば、広告による収益も増加します。

広告は30秒から3分間までの長さとなり、その広告の視聴人数に応じて得られる収益が変化します。広告を視聴する人数が多いほど、より多くの収益を得られるのです。配信の最初や最後にまとめて広告を流すのではなく、配信中に短時間の広告を複数回流すことをおすすめしています。配信の途中が視聴者数がもっとも多いので、この時に広告を流せば収益を最大化させられるからです。

今すぐ広告を表示してみませんか?下のボタンをクリックして、ライブダッシュボードから広告を表示してみましょう!

ライブダッシュボード